現代人は疲れている!?姿勢の改善と睡眠の質を高める整体枕の効能

99

寝起きがつらい

突然ですが、あなたは朝目覚めたときにシャキッと起き上がることができていますか?
朝に身体を起こすのが億劫だったり、首・肩・腰に重さを感じていませんか?不景気のご時世、仕事や育児に追われて忙しい人ばかり。ゆっくりと睡眠時間が取れず、目覚めの悪い朝を迎えている方も多いかと思います。

睡眠が不足していると仕事中に眠気が襲ってきます。昼食後の眠気は誰しもが経験しているであろうと思います。そんなコンディションで仕事をしていても効率は著しく下ってしまいます。そういうときに適度な休憩を取れればまだいいでしょうが、なかなか休憩も取りづらい…。

昼食後あるある

こういうとき、若いときは徹夜で遊んでいても大丈夫だったのに…などと歳のせいにしがちですが、 身体が回復しないのは本当に年齢のせいだけなのでしょうか?

姿勢の悪化

現代を生きる私たちは日常的にスマートフォンやパソコンの画面を見続けています。総務省の発表したデータによると携帯電話の普及率はなんと130%を越えています。一家に一台どころではなく、一人に一台の時代になりました。こうした機器を見続けるとき、私たちは少しうつむくような姿勢で画面を見ていることが多いですよね。このような姿勢を長く続けることによって猫背やストレートネックと呼ばれるような姿勢の悪化を招いてしまいます。

ストレートネックとは

人間の体は、かかと、腰、肩、首、頭と下から順に真っすぐ積みあがっているのが正しい姿勢です。そして人間の身体は細い首の部分だけで重たい頭を支えています。
ここにうつむくような姿勢をとると、頭の重さに引っ張られて首から上だけが少し前にずれてしまいます。短時間であればよいのですが、スマホを眺めるなどして長時間この姿勢を続けていると、重い頭を支えている首の筋肉が疲労を起こします。さらに筋肉を酷使しつづけると、首だけで支えきれなくなった頭の重みが今度は肩や背中にまで影響を及ぼします。本来人間の首の骨はゆるいカーブを描いているのですが、この状態になると首の骨の自然なカーブがなくなり正しい位置で首を支えることができなくなります。この状態がストレートネックと言われる状態で、こうなってくると首や肩が凝り固まり、姿勢は猫背になってしまいます。

現代人は慢性的に疲れている

睡眠不足にせよ身体のゆがみにせよ、これらは慢性的に、かつ気づかないほど少しずつ体を蝕み、徐々に身体は弱っていきます。直接的な体の痛みだけでなく免疫機能の低下や慢性的な倦怠感等の症状を経て、がんや心臓病、うつ等の精神障害といった重篤な症状を引き起こします。そうなってからでは手遅れです。
しかし、そうそう簡単に生活の環境を変えることなどできません。仕事をしないと生きてはいけませんし、スマートフォンやパソコンはもはや生活必需品と言っても過言でないくらい我々の生活に密接に関わりを持ってしまいました。いくら健康にいいからと言ってこうしたデバイスを手放すことは不可能に近いのです。
これらの事実を知ってしまった人はどうにかして少しでも健康な体を手にしたいと考えるようになりました。こうした中、世間で話題になっているのが睡眠中に使用される枕の効能です。

睡眠の質を高める枕の効果

長時間体にふれるもの

枕にどんな効果があるの?と疑問に思われる方も少なからずいらっしゃると思います。
個人差はありますが人間の身体は疲労を回復させるために1日に約8時間の睡眠を必要とします。1日は24時間ですから、1日の3分の1を睡眠時間が占めているのです。1年として考えると実に122日分は睡眠時間なのです。これだけの長い時間を睡眠に費やしているのですから、睡眠中に使用している道具が人間の身体にどれほどの影響を与えるのか、時間の観点だけでもわかっていただけるのではないでしょうか。

人間工学に基づいた設計

寝るときは枕に頭を乗せて寝るものだと思い込んでなんとなく枕を使っていませんか?枕は体に合ったものを正しく使わないと体に良いどころか逆に体を悪くしてしまいます。当然ですが安眠などできずに睡眠の質を下げてしまいます。
良質な枕は人間の身体の構造を科学的に分析して最適なポジションで眠れるように計算されて作られています。枕によっては快眠だけではなく寝ている間に体のコンディションを
整えてくれる優れモノまであります。

枕を比較解説

ここからは、私がいろいろと試した中でおススメの枕を上位3選をご紹介していきます。
枕の製品情報の他、私的な使い心地を簡易的な数値とコメントをつけています。

硬さ…枕の硬さです。
寝心地…首まわりへのフィット感や肌ざわり等を総合的にみたものです。
メンテナンス性…洗いやすさであったり、枕の中身の偏りの調整であったりの手間です。
汎用性…枕本来の用途ではないのですが、寝転んでTVを見たりするときの使い勝手の良さです。
コスパ…枕の性能と価格を見てお得感を示しています。

3位 TENTIAL社 BAKUNE MAKURA

クラウドファンディングサイトMakuakeで一時期話題になっていた枕です。
高反発と低反発のハイブリッドで頭を乗せたときのフィット感を増しています。枕カバーを開けると4枚のシートが入っており、高さ調節の専用シートを抜き差しすることによって自分好みの枕にカスタマイズすることができます。枕としてはかなり大きめのサイズ感で、寝返りしても枕から落ちることがありません。

4枚のシートはそれぞれ役割が違い、高反発と低反発のシートが1枚ずつ、高さの調整シートが1㎝と2㎝それぞれ1枚ずつになっており、4枚のシートを抜き差しすることで組み合わせで0~10cmの間で自分の自分の好みの高さにできるようになっています。また好みによって高反発部分を上にするか、低反発部分を上にするか替えることができます。その日の気分によって柔らかい部分と硬い部分を使い分けることができるのはなかなか面白いです。
頭を乗せるとかなりの幅広感があり、寝返りを打っても枕から頭が出ることはありません。平たい見た目に反して案外ボリュームがあるのでクッションとして使用することもできます。
残念な部分として高さ調整のためにシートを抜くことができるのはできるのですが、抜いたシートの行き場がなく邪魔になってしまいます。ズボラな私は結局すべてのシートはそのままになっていました。
また、枕を丸ごと洗うことができません。シートの部分ごとに洗い方が違うためメンテナンスが少ししにくいと感じてしまいます。
全体を見てみると寝心地はともかく上位の枕から比べると若干不便な感がありますが、30日のお試し期間内であれば返金保証があったりするようなので試してみてもいいでしょう。

BAKUNE MAKURAの商品情報

価格 19800円
サイズ 70cm×40cm
材質 ウレタン他
洗濯 部分的に可能
高さ 5cm~10cm調整可

BAKUNE MAKURAの評価

硬さ ★★★☆☆
寝心地 ★★★☆☆
メンテナンス性 ★★☆☆☆
汎用性 ★★★★☆
コスパ ★★★☆☆

 

2位 キュアレ社 THE MAKURA

寝るだけで体のゆがみを整える『まくら型整体器具』という触れ込みの整体枕です。
枕は三段構造になっており、頭の重みを頭と肩で支えて首への負担をかからないようにしています。枕の幅が広めになっていて寝返りを打っても大丈夫です。素材に独自開発のゴムパイプを使用。最適な硬さと耐久性をうたっています。
整体院や病院でも使用されている実績のある枕で、ボディのケアが大事なことを知っている人ほど評価の高い枕です。。

商品紹介の動画はこちら

枕ひとつでこんなに違うのか!と実感できる製品です。快眠という視点だけでなく整体という体のメンテナンスを考えられて作られているだけあって起き抜けに首や肩の痛みが全くなく、別の枕から変わった直後は感動できること請け合いです。特筆すべきはこの枕の独自機能である、寝ている間に整体効果を得られる点です。睡眠の質改善プラス体の歪みを整える効能と、まさに痒い所に手が届く製品です。整体枕として特許も取得している製品で、使い続けていくと体のゆがみを整えてくれる効果も期待できます。
メンテナンス性もばっちりで、洗濯も可能です(乾燥機はNG)。枕の高さを中身の量を調整することである程度かえることができます。枕は使い続けていると中身がへたってきてぺしょぺしょになってしまいやすいのですが、この枕は中身の特殊ゴムパイプのみを追加で購入することができます。高さの変更に使える他、高価なものなのでメンテナンスで使い続けられるのは大きなポイントと言えます。
唯一気になるのはやはり33000円という価格です。高額なので決して気軽に買える安いものではありませんが、価格に見合った効果は期待してもらってもいいと思います。
このような使い方が推奨されるかは疑問ですが、ごろ寝しながらテレビを見るときに脇の下に置くとちょうどいい感じなのと、わりとボリュームがあるので抱き枕的な使い方もできます。
今回は2位としましたが枕の効能だけで見ると断然トップです。日頃頑張っている方は自分へのご褒美に、もしくは大事な人に健康のプレゼントなど、いかがでしょうか?

THE MAKURAの商品情報

価格 33000円
サイズ 58cm×38.5cm
材質 独自ゴムパイプ
洗濯 部分的に可能
高さ 5cm(調整可)

THE MAKURAの評価

硬さ ★★★☆☆
寝心地 ★★★★★
メンテナンス性 ★★★★★
汎用性 ★★★★★
コスパ ★★★★☆

 

1位 ベビハグ 快眠枕+

トコちゃんベルトで有名な助産師、整体師である渡辺信子先生が開発した枕です。枕の高さが二段階になっており、首の部分が高く、頭の部分が少し低めになっています。これによって頸椎が負担のない角度に保たれ快眠できるという枕です。

枕に頭を乗せる際にフィットに少しコツがいるのですが、何も使わない状態と比較すると、首回りの安定感が段違いです。
枕の中身はかなり硬めで、中身にはプラスチックのビーズがギッチギチにつまっており、触るとそばがらのような触感です。体の凝った所に置いて体重をかけるとちょっとしたストレッチポール代わりになります。この枕で枕投げなどしようものならけが人が出るでしょう(笑)
特筆すべき点は硬さゆえに頭を乗せても枕の形がほとんど変化しないので横向きに寝たときの首の負担がありません。頭の体勢が保持され、沈み込まないぶん呼吸もしやすく下になっている腕や肩が非常に楽です。横に向いて寝るのが好きな人、特に授乳中のお母さんは横向きに寝る必要があるので使い勝手がいいのではないでしょうか。さすが助産師さんの開発した枕です。
もうひとつこの枕の優れた点として丸洗いが可能な点が挙げられます。そのまま洗濯機に放り込んで洗えるのは便利です。ただし丸洗い後はしっかり乾かすことをお勧めします。
価格が5980円と比較的安価なため、良い枕を使ってみたい人はお試し感覚で買ってみてもよいのではないでしょうか。

快眠枕+の商品情報

 

価格 5980円
サイズ 41cm×18cm
材質 プラスチックビーズ
洗濯 本体丸洗い可能
高さ 首9.5cm 頭7cm

快眠枕+の評価

硬さ ★★★★★
寝心地 ★★★★☆
メンテナンス性 ★★★★★
汎用性 ★★☆☆☆
コスパ ★★★★★

まとめ

 

商品名 快眠枕+ THE MAKURA BAKUNE MAKURA
社名 ベビハグ キュアレ TENTIAL
価格 5980円 33000円 19800円
サイズ 41cm×18cm 58cm×38.5cm 70cm×40cm
中身の材質 プラスチックビーズ 独自ゴムパイプ ウレタン他
洗濯 本体丸洗い可能 本体洗濯可能 部分的に可能
枕の高さ 首9.5cm 頭7cm 5cm(調整可) 5cm~10cm調整可
中身の硬さ ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★☆☆
寝心地 ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★☆
メンテナンス ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆
汎用性 ★★☆☆☆ ★★★★★ ★★★★☆
コスパ ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★☆☆

いかがでしょうか。私自身も実感として枕を使わずにごろ寝すると起きた後で身体が痛くなって後悔することがよくあります。皆さん是非睡眠の質を改善して身体を健康に保ってくださいね!